PDFといえばAdobe!iPhoneアプリのAdobe Scanを紹介します。

iPhone使いの@imuzioです。久しぶりのブログ更新となりましたが、今回はこれまた久しぶりのアプリ紹介。紙をScanすることのできるアプリは数多くありますが、ようやくあの大御所がスキャナーアプリを出してきましたよ。それでは、早速どうぞ。

スポンサーリンク

アプリ紹介

今回のiPhoneアプリはコチラ

Adobe Scan: PDFスキャナー、ドキュメント、レシート
カテゴリ: ビジネス, 仕事効率化

Adobe純正のアプリになります。

使い方

アプリを初めて起動すると、チュートリアル開始です。

▲キャプチャしたものを

▲再利用することも可能

▲こりゃ便利なことこの上なし?

▲Adobeのアカウントがない場合はまず登録しましょう

▲まずはカメラの設定から。もう皆さん慣れてますよね。

▲自動で撮影するべき枠を見つけてくれます。

▲撮影しました。続けて撮影すればページが増えますね。

▲写真から選択することも出来るようです。過去の撮影画像もPDF化が可能となります。

▲写真から選択してみたのがコチラ。

さて、スキャンした後は何が出来るのかを見ていきましょう。メニューが画面下部に表示されています。一番左は説明済みの画像選択です。

▲こちらは画像の並べ替え。任意の順に入れ替えることが出来ますよ。

▲続いては画像の切り抜き。スキャン画像から好きな部分を選択して取り込むことが可能です。

▲こちらは回転上下逆さまにスキャンしてあってもコレで大丈夫ですね。

▲その隣がカラーの編集。気に入った色味に出来ますかねぇ。そして一番右はゴミ箱ですね。

スキャンデータを保存するのは右上のボタンから。

▲まずは名前を付けます。

▲その後AdobeのDocumentCloudに保存されます。もちろんpdfなのでテキスト認識できるものはデータとして取り込まれますよ。

▲・・・のリーダーをタップするとこちらのメニューが現れます。

▲左の共有ボタンを押すとこのような共有に関するメニュー表示。

▲右のプレビューを押すとこのようにAcrobatReaderのダウンロードを促されます(当該アプリ未インストール時)。インストール済みの場合は、以下のようになります。

▲後はこのアプリで焼くなり食うなり?

Adobe Acrobat Reader: PDFの表示、作成、変換
カテゴリ: ビジネス, 仕事効率化

このアプリのグッドポイント

  1. PDF化がスムーズ
  2. アプリ間連携でPDF編集も可能
  3. Adobe純正の広告なしアプリ

このアプリのイマイチポイント

  1. スキャンの認識精度
  2. ファイル種類の選択
  3. Adobeに登録しなくてはならないところ

スキャンの認識はイマイチ台形だったり、微妙に歪んだりがあるように思います。この辺りはアップデートで改善するでしょうかね。ファイル種類はPDF以外が選べても良いのかな、と。でもAdobeのアプリだからPDFだけでいいのですかね。

おわりに

いかがでしょう。Adobe純正のPDF化アプリをご紹介しました。私の感覚としては、他のメジャーなScanアプリと遜色ない使い心地だと思います。イマイチポイントも「そうなるといいなぁ」という願望込みのものです。

基本的に使いやすい良アプリではないのでしょうか?きになる方は是非ダウンロードして使ってみてくださいな。

@imuzioでした。

ではっ。

Adobe Scan: PDFスキャナー、ドキュメント、レシート
カテゴリ: ビジネス, 仕事効率化

via PressSync

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする