3D Touchのクイックアクションをあと少しだけ使いやすくするTips

3D Touchがなかなか使いこなせていない@imuzioです。6sシリーズの発売時のタイミングでリリースされた3D Touch機能ですが、結局のところ1年間あまり活用できていませんでした。だいたいアプリ起動せずにクイックアクションで済ませたいときに使ってましたが、手が自動的にアイコンをタップする動きをしてしまい、頭ではわかっているはずなのに、どうやら手が動く方が早いみたいです。

さてさてそんなクイックアクションなんですが、今まで私は何も考えずに普通に並べたアイコンを長押ししてるだけでした。最近になってようやく気付いたのですが、あと少しいじってあげるだけで使いやすくなる場合がありましたので、万が一にも同じ状況の方がいたらと思ってのエントリーです。それではどうぞ。

スポンサーリンク

3D Touchとは?

もう説明の必要ないのでしょうが、リンクを置いときましょう。

VoiceOver とズーム機能で 3D Touch を使う – Apple サポート

軽めにギュッと押してあげるとブブッとなるやつですね。アプリ切替や、クイックアクション、アプリ内でもクイックルックに使えたりします。今回気付いたのは、その中でもホーム画面でのアプリのクイックアクションに関するところ。次のセクションご覧ください。

アプリアイコンの位置

アプリのクイックアクション。皆さんはどのくらい使われていますでしょうか?何か1アクションするためだけにアプリを起動させるなら、このクイックアクションを利用した方が手っ取り早いですね。

ちなみに私がクイックアクションをよく利用するアプリはこの辺り。

YouTube – 映画、音楽 と クリップ
カテゴリ: 写真/ビデオ, エンターテインメント

Todoist: Todoリスト | タスク管理
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス

Swarm — by Foursquare
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, 旅行

さて、これらのクイックアクションを使うアプリ。皆さんはホーム画面のどの位置に置かれているでしょうか?特に気にしていないという方には、ちょっぴりプラスなことをお伝えします。

要はどの指で長押しするのかということ

見出しが結論なのですが、どの指で長押しするかを気にして、アプリの配置を決めてあげると使いやすさが向上します。

例えば下の画像。左手を使う場合アプリの位置がこの位置だと指が吹き出しに重なって見づらくなってしまっています。

そんな時にはアプリの配置を逆にしてあげれば、あらスッキリと吹き出しを見ることができますね。

ストレスフリーで、スマートにクイックアクションできるようになりました。ご自分の使いやすい位置を見つけてみてくださいね。

おわりに

使いきれてなかった機能を、すこし使いやすくすることができました。これで、クイックアクションを使う頻度を増やせたらよいと思っています。

このような、「あと少しだけ」ということがストレス軽減になる場合もあるでしょう。3rdパーティ制アプリのクイックアクション対応は、進んでるようなそうでないようなというところと見立てています。ウィジェットの方が使いやすい場合もありますが、ホーム画面に並ぶアプリのクイックアクションをあらためて確認して見る必要がありそうです。

皆さんはクイックアクションどのくらい使われてますか?@imuzioでした。

それではっ。

via PressSync

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする