コンビニでAmazonの注文の受取してみた(LAWSON)

今月もさっそくAmazonで買い物してしまった@imuzioです。いかにAmazonへの出費を抑えるかってのが家計のやりくりを考える上で大切なことの一つなのですが、さてさてなかなか抑えられずにいるのが現状。そんなさなかなのですが、また買い物。

今回は今までしたことなかったコンビニ受取をやってみました。普段はプライム特典の当日お急ぎ便で頼むことが多いのですが、興味あるというか一回ぐらい試しても良いかなっというタダの好奇心からの今回の選択。どんな点が違うかってのを読んでってもらえたらと思います。iPhoneのスクショと一緒に、それではどうぞ。

スポンサーリンク

注文

今回プライム特典の当日お急ぎ便が利用できる商品を購入しました。てっきり、当日にコンビニ(近隣)に届いてくれるものかと思いきや、コンビニ受取に当日お急ぎ便は適用されませんので注意が必要ですね。

それでもプライム会員なら注文時点で、お届け日確定されるようですので、その辺りはプラス要素と言えるかもしれませんね。

配送

注文確定2日後が配送日となりました。私は関東在住ですが、なんと商品は九州出発でした。お急ぎ便の場合は近隣から、そうでない場合は遠方の在庫過多になってるとか、そういうところから引っ張ってきて在庫量の調整をしているのかも知れませんね(こんな調整方法もあるのか)。

微妙なのは時間が当日にならないとわからないところでしょうか。朝イチに受け取りたければ、もう1日加算して考えとかなきゃなりませんね。

受取

普段ならヤマトの方がピンポーンするところなんですけど、今回は私がドアをくぐります。「ピンポーンピンポーン」LAWSONでの受取は2通りの方法が利用できます。

コンビニでの受取方法 1 (店舗設置端末を操作して受け取る)

コンビニでの受取方法 2 (レジでバーコードを提示して受け取る ※ ローソンのみ)

Amazon公式ヘルプページより引用

今回はLAWSONのみ対応しているバーコード提示の方法を選択してみます。

▼商品が店舗に到着して、受け取り可能になるとメールがきました。受取期日には注意が必要ですね。

▼メールの本文には受取方法についての事が書いてありますね。

▼上記1.のリンクをタップするとこちらの画面に遷移します。

この画像をレジで見せました。レジのお姉さんはバーコードを読み取ると、「探してまいります」とササーッとバックヤードへ。待つコト30秒ほど。受取時に宛名に間違いがないかの確認をして包装のバーコードをスキャン。レシートが出てきて終わり。簡単ですな。

店頭受取について詳しくは以下の公式ヘルプをご参照ください。

Amazon.co.jp

おわりに

コンビニ受取は普段使い以外にも、家に配達されると持ち帰られたくない時なは重宝しますし、出張・旅行先などで受け取りたい時にも使えそうですね。

私はなかなか使う機会がないので試してみただけなのですが、便利な点が多くあると思いました。

機会あれば今後使っていけそうです。またAmazonを物色している@imuzioでした。

via PressSync

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク