万が一の時のメディカルIDですが… #iphone

万が一の時のために、メディカルIDというものを登録できることはご存知でしょうか。私も登録している1人。ただ、どこまで登録するかってのは、結構悩ましいところかと思っています。それがどうしてなのか?そもそもメディカルIDって何?なんて方は、ちょっと寄ってってくださいね。

スポンサーリンク

メディカルIDとは

こちらのApple公式のリンクを見るのが一番ですよね。

iPhone または iPod touch でヘルスケア App を使う – Apple サポート


▼ヘルスケアアプリを起動して1番右のボタンを押してみましょう。見つかりましたか?




▼すると、メディカルIDの説明画面。それでは登録していきましょう。



メディカルIDの登録

▼デフォルトで表示されてるものと、選択・入力する項目とがあります。







▼画面の一番上には、メディカルIDを緊急電話で表示できるようにするかどうかの選択ができます。



設定するのに特に難しい点はないように思います。



ロック画面から表示させてみる

上記の設定をした場合には、ロック画面からメディカルIDにアクセスできます。


▼ホーム画面で右にフリックして、ロック解除画面を表示させます。




▼緊急をタップすると、キーパッドが表示されます。ココで左下に現れている「メディカルID」をタップします。




すると、先ほど登録したメディカルIDの情報がズラーッと表示されます。




一覧できるとともに、登録した電話番号にこの画面から発信する事ができます。その他、万が一の時のための事を書いておくと良いのかも知れません。

想定される使い道

まず、使われるべきは急病時ですよね。突然自分の身に何か起こったときに、救急隊、医師、看護師等があなたの事を理解するのに、メディカルIDは有用でしょう。

iPhoneを落としてしまった時、そんな時にも拾ってくれた方が善人であれば、ココを見て連絡を取ってもらえれば落としたiPhoneが戻ってくる確率はグンと上がるのかも知れません。

ただ、ココは諸刃の剣で、悪人に拾われたなら氏名・住所・生年月日、大切な人の連絡先まで情報を獲られてしまいます。このリスクを取れるかどうかというのが、ポイントになりますね。

おわりに

ということで、メディカルIDをご紹介してみました。万が一の時の準備と紛失時等のリスクを天秤にかけなければなりません。紛失は怖いですけど、ひとまず登録しておけば、仮に自分が意識のない状態でも、最低限の情報は他の誰かに伝えられるようにしておいた方が、良いと私は判断して登録しています。ココは本当に人それぞれ、自己判断でお願いいたします。

メディカルIDというものがある事を、医療に携わる方々、iPhone拾った方が認識していれば、無くしてしまったiPhoneも戻ってくるかも知れませんね。

@imuzioがお送りしました。

でーわー


via PressSync

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする