みまもりケータイ3の2年契約終了とあと1年半の割賦が残るiPhone6sPlusがあるけどMVNOへの切替えを考える

家族でのMVNOへの移転を実行中の@imuzioです。今後のとりあえずの方向性は決めたのですが、よく確かめて検証しておきたいことがありました。記録として残しておこうと思いますので、気になる方は読み進めてくださいね。

スポンサーリンク

前提条件

2016年5月現在の状況

息子:
SoftBankのみまもりケータイ3を利用中
現在の運用は ¥608/月
次回の契約更新年月は2017/03
主に外出時のみ使用。メイン通話先は母、父(まれ)
割賦は残10回 ¥606

父(私):
iPhone6sPlus(SoftBank)
次回の契約更新年月は2017/11
スパボ適用で端末費用割賦払い
ホワイトプラン+パケ放フラット
割賦は残18回 ¥4980/月

母:
iPhone5c(SoftBank)
次回の契約更新年月は2017/06
MNPのタイミングでiPhone6s(SIMフリー)へ

娘:
iPhone6s(SIMフリー)
2016/05よりMNPでBIGLOBE SIMへ。

娘がMNPする前まではSoftBankの家族間通話の為、通話にかかる費用は無料。基本、電話は多くないが平日はほぼ息子から数度の電話が母へ。

といったところ。

決まっていること

SoftBankからはMNPで順次転出。
第一弾は娘が転出済。BIGLOBE SIMで6GBのプラン。
次は妻iPhone。こちらもBIGLOBE SIMへ。

検証しておきたいこととは?

決まっているのは、どんな選択肢を取っても割賦は払い続けなければならないこと。みまもりケータイについては通話料金が掛かるようになってくる事。

娘と妻の転出についてはもう気にすることはないのですが、私のiPhoneとみまもりをどのタイミングで、どうするのが良いか。

このまま何も変更しないとまずは、みまもりの更新月がやってきます。そこまで約9ヶ月通信料を足して払っていくのが良いのかどうか。そして、そのあと8ヶ月後には私のiPhoneの更新月が。現在から数えると、18ヶ月の間約¥7000+割賦&月月割を払ってMNP?そんなまどろっこしい事しても意味ないのではないかと、計算してみる事にしました。

ざっくりと計算してみて決めた運用

結論から先に言いますと、MVNOへすぐに切り替えた場合と更新月を待って切り替えるとでは、約¥45,000の差が出る事がわかりました。もちろん前者が安くなります。割賦終了が先であれば先であるほど、早くMVNOにMNPした方が、結果総額では安くなるようです。

調べ物をしていく中で知らなかった事が一つ。なんと、みまもりケータイは親端末(オーナー端末)を契約解除しても、そのまま使用する事が出来るようです。であるならば私の回線を解約しても、みまもりはきっかり来年3月に解約すれば違約金もかからない、と。あと、9ヶ月寝かせとく事になりますね。

また、私のiPhoneは6sPlusですから、MNP転出に合わせてSIMロック解除をすればMVNOで利用する事ができます。一方、みまもりは寝かせますので息子の通信手段が無くなります。そこで登場させるのが、iPhone5c。娘の使っていたものか、妻の使っているものか、どちらか状態の良さそうな方を使っていこうと。ただ、iPhone5cはSoftBankのSIMロックですからiPod touch状態です。そこで登場させるのは、コチラです。

息子にとっては、ちょっと荷物が増えますけれど全員iPhone化をこのタイミングで行おうと。そうすれば息子のみまもりケータイの代わりとして、通話は、FaceTimeオーディオを使って通話料は無料、「iPhoneを探す」で位置情報を取得できる事になります。

おわりに

ということでモバイルルーターの費用が掛かっても、それでもMVNO化した方がまだ安い、と。家族内の通話ですからFaceTimeオーディオの品質でも、問題ないかと思っています。家族間の通話が無料になれば言うことなしではありますけれど。

そんなことで、当初は長い時間を掛けて移行しようとしていましたが、即MNPへと変更です。あとは、タイミングをどうするかとか、細かい点をつめていかなくてはなりません。余裕を持ちながら費用をなるべく掛けないような移行ができたらな、と考えているところ。

どなたかの何かのお役にたてれば。@imuzioでした。

ではー

via PressSync

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする