スワイプの表現はどちらがホントなの?

ニッチなところを探ってみるのが好きな@imuzioです。「ま、どっちでもいいでしょ」ってことが、気になって仕方ない時ありませんか?前々から気にはなっていたこと。それがスワイプなんです。

スマートフォンの操作のひとつ、スワイプの動作は皆さんマスターされてるでしょうか。一本指でサッサッサッとやるのはフリック、サァァァと止める感じにするのがスワイプ?そんなもんでいかがでしょう。

さてさて、スワイプを理解?したところで、本題。スワイプの左右の表現に疑問を感じる時があるわけです。具体的に見ていきますね。


スポンサーリンク

スワイプしてみる

記事にも書いたAmazonアプリ。アップデートで検索結果画面でスワイプの操作ができるようになりました。

アプデ不良だったAmazonアプリがいつの間にかアプデ完了!

スワイプで「カートに追加」と「関連商品の表示」ができるようになりました。これを例にして早速スワイプしてみましょう。


まずは左へスワイプします。左へスワイプなので、右から左へ指を移動していきます。



すると以下のように関連商品が表示されました。



同様に右へスワイプすると、カートに追加されました。



左へスワイプで「関連商品」、右へスワイプで「カートに追加」と思っていましたが、アプリのアップデートの説明にはこのように書いてありました。



なんと逆なんですよねー。私の解釈が間違いなのでしょうか?「左から」スワイプならば、その通りだとは思うのですけどね。


おわりに

このアプリに限らず、チョイチョイと同じようなことに出逢ったので疑問点として書いてみました。皆さんはどう解釈してます?どっちでもいいか!



ではっ。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク