家族みんなでお引越し〜格安SIMを絞り込んでみることに

さてさて、いろいろなブログ記事などを読んで格安SIMへ、上手い具合に移行したいと思っている@imuzioです。先日より、記事にしていますが、ここ最近の動向を伺いながら、まずはどこのMVNOにMNPするかをある程度絞り込む必要があるでしょう。各社の特長を考慮して、ひとまず3つに絞り込んでみました。私の独断にはなりますが、ポイントを書いておきましょう。

スポンサーリンク

MVNOを選択するのに考慮する点

  1. 不通期間をなるべくないようにしたい
  2. 後からでもSIM契約の追加ができる
  3. 音声通話はそれほど使わない想定
  4. iPhoneで使える

ひとまず、この4つの観点で絞り込んだのが以下の通りです。

絞り込んだ3つのMVNO

IIJmio

一つ目はIIJmioです。インターネット関連では老舗のところ。

音声通話機能付きSIM(みおふぉん) | IIJmio

みおふぉんにはファミリーシェアプランがあります。尚且つ、家族同士の通話料が割引になるという、MVNOでは珍しいタイプのようです。AmazonでSIMパッケージを売っているのも面白いですね。モチロンiPhoneSEも使うことができますし、ファミリーシェアプランにSIM追加することが可能です。

FREETEL(フリーテル)

続いてはフリーテル。フリーテルの売りは、やはり使用データ量の従量課金制。あまりデータ通信を行わない場合なら、おトクに運用できそうですね。

FREETEL(フリーテル)|高速通信SIMカードと国産高品質SIMフリー端末/格安スマホ

音声通話付プランのスタートが、¥999/100MB〜ということで、格安設定。iPhone専用SIMを使えば、アプリダウンロード時のデータ量は加算されないという仕様になってるようです。ファミリーシェア的なものは有りませんが使用データ通信量の試算次第では、シェア不要かもしれませんね。

BIGLOBE SIM

3つ目は、BIGLOBE。プロバイダとしての有名どころ。うちの自宅のインターネットプロバイダが実はBIGLOBEなんですよね。ですから、いろいろと割引も期待できます。

BIGLOBE SIM:安心・快適な格安SIM

割引も期待の一つですが、シェアプランも魅力の一つ。大容量の割に比較的価格は抑えられていてコストパフォーマンスが高いですね。大手なのでサポートも安心ではないでしょうか。

終わりに

ひとまず絞り込んでみたMVNOです。まだ、プランの比較までしていないですし、家族の同意?も取り付けたわけではありません。ひとまずMVNOを活用していくことにはなりそうですが、家族でお引越しをいっぺんにするかは、もう少し試算をしてみないといけなさそうです。その試算についても記事にしてみるかもしれません。

@imuzioでした。

via PressSync

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする