Win98ブラウン管PCをAppleRenewプログラムで送ってみた結果

Apple Renewプログラムを使ってiMacを下取りに出した@imuzioです。無事、査定終了したところまでお伝えしていましたが、今回は並行して行っていたことをお伝えしましょう。

さてさて、そのApple Renewプログラムですが、Apple製品だけではない事をご存知でしょうか。実はApple以外のスマホ・PCでも、このプログラムの対象になります。

今回、デスクトップPCを下取りに出してみましたので、その結果をご覧ください。

スポンサーリンク

下取りに出した製品は?

下取りに出したiMacの2代前のパソコン。家の片隅に寝かしてたんですよね。リサイクルに出さなきゃなぁと思っていたのですが、ずーっとココまで来てたのでした。今回、強制的にこのプログラムに出す事によってようやく断捨離敢行となりました。

今回出したパソコンはNECのVALUESTAR。15インチのブラウン管ディスプレイの重たいヤツです。ちなみにWindows98でしたね。

▲久しぶりに電源入れて懐かしさに暫し浸る

送付キットの梱包

申込みをして、最も心配していたのが送られてくる段ボール箱に全て入るのか、という事。普通なら液晶ディスプレイと薄型の本体でしょうから、余裕のある状態に緩衝材を詰めるコトになるでしょう。今回の場合、かなりギリギリの状態でしたが、何とか封をする事ができた、というところ。ディスプレイの大きさ次第では、入らなかった可能性もあったかと思います。

見積り額は?

そう、見積り額ですがWin98でブラウン管ディスプレイとなった場合、引き取ってもらえるだけでもラッキーなところでしょうかねぇ(マニアでなければ)。今回デスクトップPCを選択すると、特に機種などを選択する事なく、見積りは一律1000円の模様でした。あとは実機の査定次第なのですかね。

査定結果

さてさて査定結果ですが、結果が出るまではドキドキ。そもそもブラウン管ディスプレイを引き取ってもらえるのか、Windows98機を引き取ってもらえるのか、そこがどうなるかが気になっていました。

さて、その査定結果は…見積り額通りでした。なんと、ブラウン管ディスプレイでも、Win98でも下取りしてもらえる事ができました。

▲Apple Desktop PCではないのだがな…

おわりに

そもそも引き取ってもらえるだけでOKと思っていたのですが、値段が付いたことに驚きました。ちなみに配送料は無料(査定に納得しない場合の返送料も)のようです。

今回の結果からみると、このプログラムを利用すれば、どこにも買い取りしてもらえないよう古い機種でも、ひょっとしたら査定額がつく可能性もあります。配送の手間も軽減されますし、荷造りもパッキン詰めるだけですから手軽です。そう、気軽に下取りに出すなら使い勝手イイと思います。

不要なPCあれば使ってみてくださいね。@imuzioです。

via PressSync

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク