Apple Renewプログラムを利用してiMacを下取りに出してみる

今年になってiMacからMac miniに乗り換えました@imuzioです。さて、残ったiMacをどうしようかとまごまごしていました。ソフマップの下取りに出そうか、メルカリで出品してしまおうか、そんなことを考えながらも、何も手を打ってなかったんですね。そんなところで、先日のAppleの発表会。そこで出た話題の一つがApple Renewプログラム。詳細は下記リンクにて。




リサイクル – Apple(日本)


さて、今回は早速このプログラムに申し込みをしてみましたので、その申込手順をお伝えしてみましょう。

スポンサーリンク

手順

  1. 上記リンクのページにアクセスし、対象端末をクリックします(今回はMac)。


  2. 申込み画面になります。ここで、対象端末の検索を行います。


  3. 今回はシリアル番号で検索してみました。すると、こちらの画面に。シリアル番号入れたのに結局選ばされるのね。


  4. 該当の製品名、モデル等を選択しました。


  5. 検索をすると下記画面に。端末が選択されましたので、各項目に回答していきます。私の場合はぜんぶ「はい」を選択できる状態でした。すべての選択をすると、「次へ」ボタンを押します。


  6. 見積金額が出ました。期待しないでいましたが、ここまでとは…という金額。


  7. 続けて、メールアドレス、連絡先等の入力へと進みます。



  8. Renewプログラムを利用するのに伴う端末作業の確認です。チェックを入れて「お申し込み」をクリック。


  9. 利用規約の確認をして同意できるようなら、「同意する」をクリックします。


  10. クリックすると、申し込み完了です。同時に確認メールも届きます。送付キットは本人の受取が必要なので、日程に気をつけたいですね。

おわりに

ということでApple Renewプログラムの申込み完了までの手順をお伝えしました。今回はPCサイトでの手順でしたが、スマホサイトも同様の手順で登録できるようですね。

実際、メルカリとか見てると私のモデルでも、結構な価格で取引されています。ただ高額なので、トラブルになると嫌ですし、動くは動くけど決して調子が良いわけではないので、今回はRenewでと決めました。買取価格は決して高くないようですが、Appleがリサイクルできるるようにすることで、今後の端末価格の上昇が抑えられたら良いと思うのですが、ね。←ムリ

送付キットが送られてきたら、またレポートしたいと思います。

でわっ。

via PressSync

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする