カメラロールの画像選択方法は範囲指定型!ひと筆書きではうまくいかないことも‼︎

ニッチニッチニッチ。誰も気になってないことが気になってしまう@imuzioです。ブログ書くのが普通になってきて、記事の下書き作業の効率化を進めています。今日はそんな中で感じてしまったニッチなところを書いてみますね。

スポンサーリンク

下書き作業の中から

下書きを進めていく中で画像の取扱いは、一つのポイント。以前にも、こんな記事を書いていたのでした。

iPhoneの標準写真アプリだけで画像の順番を入れ替える技

「iPhoneの標準写真アプリだけで画像の順番を入れ替える技」は詰めの甘いエントリーでした

最近ではこの運用を止めていたのですが、やっぱり元に戻そうかとやってみたら、iOSもアップデートしてるからかちょっとコレって?と思うことが出てきてました。皆さんはどう思われてますでしょうか?

画像の選択動作がもう一つ

アルバム内の画像の選択方法ですが、一枚ずつタップしての選択も、指を置いてのスライドでも選択できるようになっています。(一時期はスライド選択できなくなってたんですよね)

▲右上の選択をタップ後に任意の画像をタップ。一枚ずつは、何も問題ないですね。

▲左から選択を始めると、範囲指定で選択されていきます。最初に指を置いた所から指を置いていく位置までの範囲にある画像が選択されていきます。

▲ですので、右から左に範囲指定すると一番上の行が残念なことに。

▲ひと筆書きの要領で選択していっても、うまく選択しないとどこかが余ったり。

私としては、範囲指定よりもタップした箇所、なぞった箇所の方が直感的でわかりやすいと思うのですがね。

おわりに

iPhoneアプリの記事などを書いていると、あっという間にカメラロール内に画像が増殖していきます。現在のiOSの画像選択方法も悪いとまではいきませんが、どうも直感的でない部分が気になります。以前のように縦横無尽に選択できるインターフェイスに戻ってくれないかと思う今日この頃。ま、慣れてしまえばどうってことないのでしょうけどね。

さて、大量にたまったスクリーンショットを片付けに行ってきましょうか。@imuzioでした。

ではー

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする