標準的なご飯の量ってどのくらいなのかな

普段何の気なしに作っている料理。我が家では、子供が産まれる前は夫婦ふたりで1合。今では家族4人で2合が、食事1回あたりの米を炊く量。さて、この量ってのは基準に沿ってみて妥当なの?っと疑問に思ったので、ちょっと調べてみました。今回もお付き合いくださいね。

まずは、標準的な量を何基準にするか、と。困った時にはお上に聞け、と。食料の事なので農林水産省のホームページに初訪問してみました(食糧庁ってのがありましたが今はもうありませんよ)

こんなページも見つけました。

ごはんを食べよう国民運動―ごはんを中心とした日本型食生活のよさを見直しましょう―
国民運動だと!

ちょっと残念な感じがしました。もっと活発なのかと思ってたのに…。どおりで聞かないワケだ。

で、農水省のサイトでは、なかなか基準的なものは見つけられなかったので、いつもの先生に聞いてみました。結果、基準的なものはないようですが、概ね150g〜180gってあたりでしたかね。ちなみにタニタ食堂では100gのようですよ。

タニタ食堂の5つのルール|タニタ食堂

それでは米1合は炊いたあとに何gなのかというのを調べてみますと、答えは私にとってたいへん身近なところに。いつもお世話になってます。クックパッドさん。

米1合は何グラム – クックパッド料理の基本

答えは約350gとのこと。という事は、米約1/2合が標準的な一食分の量ってことですね。

ってことで、我が家4人家族で1回2合の炊飯は妥当であろうという結論。子供たちは育ち盛りなので、増やしていかなきゃですね。翻って私はドカ食いなんかしちゃいかん年齢に足踏み入れてますから、気をつけて食を進めていきたいです。

健康一番な生活を続けていくため、今日も明日も美味しいごはんを食べますよ。

ではー。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク