何とかiMacのデータ消去が成功した件

悪夢再来!相当調子が悪くなってたのですね。私がこき使ってたのですね。反省してます@imuzioです。

こう続けて調子悪いのも、無理矢理買い替えを先延ばしにしてたからなんでしょう。そうでしょう。

続けての悪夢はコチラのエントリーで。

古いiMacのデータを消去しようとしてるのだけど…

スポンサーリンク

試行錯誤

前回のエントリーに書いた「command + R」を押しながらの再起動が上手くいかず、どうしたら良いかとイロイロ調べてみました。

システムの不調の時に試してみることは幾つかありそうです。

MacのハードディスクやSSDが壊れていないかを簡単にチェックする方法 | iTea4.0

不調なMacが即効改善!お手軽メンテ「セーフブート」とは?どうやるの? | あなたのスイッチを押すブログ

不調なMacに試そう!SMC(システム管理コントローラ)のリセット方法 | gori.me(ゴリミー)

ザーッと挙げてみましょうか。

  1. アクセス権の検証、修復
  2. ディスクの検証、修復
  3. PRAMリセット
  4. SMCリセット
  5. セーフブート
  6. リカバリーモード
  7. ハードウェアテスト
  8. などなど

調べたことを片っ端から試してみました。無線のキーボードじゃ上手くいかないかもと、USBキーボードもまた引っ張り出したり。iMacについてきた起動ディスクも試してみたけどOUT。もう何やったら良いかと再度メモに目を通していて試してないかもと思ったのが、「option 押しっぱなし」。

これだけ何故だか上手くいきました。

あまりに嬉しくて画像撮り忘れたけれど、2つのディスクが表示されていたので、RecoveryHDを選んだら、待ちわびていたこの画面、OS Xユーティリティ。

この画面で何をやったら良いかは、いろいろなサイトを見てわかってましたよ。迷わず消去を押しました。

ココで気をつけるのが、セキュリティオプション。念には念を入れて、7回消去を繰り返すようスライダーを一番右へ。最も安全!!

ここから長い時間をかけて消去作業が行われました。スタートしたのが15時くらい。

終了が22時くらいになりました。合計7時間ほど。

これで無事に終了と。めでたしめでたし。

おわりに

もう、このまま下取りに出せばいいかと考えていたけれど、何とか自分の手で消去できたので自己満足。しばらくの間自宅でパソコンに向かう時間はほとんどこの辺の作業してたけど、何とか通常運営に戻れそうです。

でわっ

via PressSync

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする