AirMac Expressに古いミニコンポを繋いでMacからAirPlayしてみる

これがやりたかったんですよね。って意味不明なこと言ってます@imuzioです。AirMacExpressを入手して、設定したくだりは、先日の記事を。

AirMac Expressを工場出荷状態に!そして設定へ
我が家にはだいぶ年季の入ったミニコンポがありましてね、iTunesを使うようになってからはトンとコンポから音が聴こえてくることは無くなってしまいました。だってiMacのスピーカー、そんな悪くなかったんだもん。

とは言っても、いつかは使いたいと思ってたトコロでのAirMacExpress。そりゃ、繋がなきゃソンソン。早速接続して聴いてみましたよー。

スポンサーリンク

AirMacExpressとミニコンポの接続

接続にはいわゆるオーディオケーブルを使います。ミニピン-赤白ケーブルですね。今回、新調しようとAmazonでサクッと選びました。

リンク

無事、届いたものを早速接続です。まずは赤白のケーブルをそれぞれミニコンポに接続します。

AirMacExpress側にはミニピンをさしますよ。これで接続完了。ま、説明するまでもナシですがな。

iTunesで再生してみる

Macから出るサウンドを全てAirMacExpressに飛ばすよう設定してしまうか、iTunesなどアプリ毎に選択するかで方法が違います。

前者では、[システム環境設定]-[サウンド]-[出力]で設定します。

後者、例えばMacのiTunesではココです。

itunes-statusbar

さらに、iPhoneからはココですね。

大切なのは両デバイスが同じネットワークであること。お手軽ですよ。

おわりに

ということで、ササーッとAirPlayをご紹介しました。Bluetoothスピーカーが沢山種類が出まわっていますが、今回はWi-Fi接続、音質の劣化が少ないと言われているようです(ワタシ的には、その辺よくわかっていません)。私のように、ステレオやコンポが休眠中の方がいらっしゃいましたら、是非復活させてあげたらいかがでしょうか?

今回、AirMac Expressを導入してみて、かなり簡単に設定できました。このぐらい簡単に設定できれば、キーボードアレルギーの方々にも満足いただけるのではないでしょうか。周辺機器との相性が抜群なのもMacのメリットと捉えれば、PC機より少しくらい高いだけなら、こちらの選択でも良いと思いますけどね。そんなこと思いました。

ではー

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする