初出品者にはわかりづらいかもな「らくらくメルカリ便」使ってみたよ

初フリマ出品しました@imuzioです。今まで、あまりネットオークション・フリマには手を出すことがありませんでした。やっても買う側。なんかトラブルとかが怖くてね。
そんな私でしたが、意を決して初フリマ出品してみました。今まで買う側では何度か経験はあったので、大体の流れはわかってましたが、今回使ったサービスでの発送の手続きについては、どんなもんだか分からなかったので、お買い上げ頂くまでは不安半分で待ってました。この度、無事にお買い上げ頂くことができましたので、商品の発送の手順について書いていこうと思います。

スポンサーリンク

今回使ったサービス

今回使ったサービスはこちら。

メルカリ スマホでかんたん フリマアプリ
iPhoneアプリはこちらから
フリマアプリ-メルカリ フリマでかんたんショッピング
カテゴリ: ショッピング, ライフスタイル

メルカリは、ネット上でフリーマーケットを行うサービスです。毎日10万品以上新しい出品があるとか、5分で売れたとかの触れ込みです。「ホントかよっ」なんて思ってたのですが、あれやこれやと出品の運びとなりました。

今回は、初出品者にはわかりづらい「らくらくメルカリ便」の発送手続きについて実際にやってみたレビューをしてみます。

らくらくメルカリ便

らくらくメルカリ便をちょっと説明すると、配送物をクロネコヤマトの営業所に持っていき配送伝票を発行することにより、全国一律料金、配送代金割引の受けられる運賃元払い(出品者負担)の宅急便のことです(当然メルカリ出品物に限ります)。さらに出品者、購入者ともに相手の名前・住所・電話番号などを相手に伝えることなく取引が出来るということで双方で安心できるシステムです。

それでは、出品物が落札されて支払の確認がされたところからスタートしましょう。

(あらかじめのお断り 画像がたいへん見づらくなっている点ご了承ください) 
まず、購入者からの支払は必ず確認してください。支払が行われてからでないと、トラブル発生した時に大変になりますからね。まずはサイズを選択します。

  

今回の商品は60サイズでした。品名、発送元に間違いがないかよく確認して、「配送用の2次元コードを表示する」をタップします。

すると、以下のような画面が表示されます。これをヤマトのネコピットで読み込むことになります。勝手がわからなかったので、私は事前に作成してスクリーンショットを撮っておきましたが、それは取り越し苦労で、ネコピットの前で操作しても問題無さそうでした。


さて、ここからはヤマト店頭にての作業です。作業とは言ってもタブレットでボタンタップしていくだけですから、それほどのことでもありません。まずは一番右のボタンをタップしましょう。

2次元コードで発行するか、 受付番号を入力して発行するかの選択です。今回は2次元コード、左側を選択しました。

s_Evernote Camera Roll 20160130 081643

すると、以下の画面。ここで引っかかってしまったのが読み取り方法。この手のモノ(2次元コード)に慣れてないのもあってか、まずどう読取らせるのかがわからない。後からわかるのですが、実は前画面に答えは出てたのですね。タブレットの裏側に2次元コードがタブレット画面に映るようにiPhoneを立てれば良かったようです。一生懸命、タブレットの液晶側に2次元コードを向けて読取らせようとしてしまいました(◯マダ電機のポイント発行的な)。

良く見ておかないとダメダメですね。


無事に読み込まれると以下のような画面に。送り状の内容の確認です。アプリで確認した内容と変わりがないか確認しましょう。

s_IMG_2051

発送予定日を入力します。私は先に翌日の発送になる旨、伝えられておりました。必要であればお届け希望日と時間帯を選択しましょう。


送り状の内容の最終確認です。やはり相手先の情報は最後まで出てきませんね。ちなみに画面下に映り込んでいるタッチペンで操作しました。入力は発送予定日のところだけでしたね。 確認したら印刷です。

s_Evernote Camera Roll 20160130 081643
今回の60サイズで送る箱。中の梱包は丁寧を心掛けて下さいね。すでに貼ってあるのは段ボール箱を再利用しているためです。 この箱と印刷された伝票をカウンターで渡しました。

発行された控です。 ココでも相手の住所などは表示されていません。元払いの送料の支払いもヤマト営業所ではなし。売上金から差し引かれることになっています。お店でのやり取り?は以上です。控は取引終了するまで大切に保管しましょうね。

s_IMG_2053
商品を発送したら、購入者に発送した旨、取引メッセージを送るのが良いでしょう。追跡番号を併せて記載すればお互いに気持ちよい取引ができますね。 

img_2056

念押しですね。

img_2057

img_2059

おわりに

初めてのらくらくメルカリ便の利用でしたが、案外らくらくにできました。アプリからは次にやるべき作業が通知されますし、ネコピットもほとんどがワンタップで進んでいくだけなので、迷うことはないでしょう。気をつけなきゃいけないのは複数出品時の同時発送ぐらいじゃないでしょうか。

今回はたまたま購入者が現れてくれましたが、さてさて今後はどうなる事やら、細々と売買してみましょうかね。
でわ〜〜

らくらくメルカリ便で使える小物配送に便利な宅急便コンパクトはAmazonでも購入できます↓

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. […] 初出品者にはわかりづらいかもな「らくらくメルカリ便」使ってみたよ […]