新米Apple Watchオーナーのバッテリーに関する所感

Apple Watchを付け始めて4日となりました@imuzioです。Apple Watchの時計としてのバッテリー稼働時間については、いろいろと物議を醸し出してたわけでして。マァ、イロイロな考え方があるだろうと思います。駆動時間についてAppleの正式なコメントとしては、この辺りになるのでしょうか。

Apple Watch – バッテリー – Apple(日本)

ここではバッテリーに関する一般情報として以下の記述があります。

一日中持続するバッテリー

最大18時間

一日中持続するバッテリーとは、18時間の間に時刻のチェックを90回、通知を90回、アプリケーションの使用を45分間、Apple WatchからBluetooth経由で音楽を再生しながらワークアウトを30分間行った結果にもとづきます。

よく言われている18時間というのが上記引用部分の使用での結果であるということを十分に踏まえる必要があります。

上記引用を私なりにもう少し分かりやすく噛み砕いてみると、

5回/h、時計を見て、5回/h、通知のcheckをして、15分間クックパッドのアプリを見ながら3食作って、30分間の軽めのトレーニングを音楽聴きながら行ったと。

そうしたら、18時間でバッテリーが終わるということですね。

私的には、5回/hの時間の確認、通知のcheckってのは、ちょっと多いかなという印象。アプリも今の所ほとんど使えてないので、しばらくはそこまでバッテリー消費しなそうな気がしています。実際にもこの数日間で、1日で充電が切れることはありませんでした。

ちなみに、夜間Apple Watchを腕に付けた状態で睡眠していた時間のバッテリー消費量をご覧ください。

上の画像を見ていただくと、5時間で8%の消費がされていることがわかります。この間のApple Watchの動作内容は、ヘルスケアがバックグラウンドで動いてるくらいなのではないかと思いますが、さてどうなのでしょう。この数日間の使用では概ね1日で30%を使うぐらいの感じな気がしています。

充電時間

80%までの充電に約1.5時間
100%までの充電に約2.5時間

この充電のための時間をどのタイミングで取るかというのは課題であります。当然切れる前に充電に回したいわけですが、私の場合、基本的にはできるだけ付けっぱなしにしておきたいと思っています。そうなってくると、ある程度バッテリー残量を見ながら、1.5〜2.0hの充電時間を作る必要があります。となると、やはり家に帰ってから寝る前までの中で充電を何日か置きにするのが良さそうです。

Apple Watchのバッテリー性能に関する各数値は38mmのApple Watchで行ったテスト結果にもとづきます。42mmのApple Watchのバッテリーは通常、より長く持続します。

バッテリーに関する一般情報の最後には、このような表記があります。今までに引用したデータは全て38mmのApple Watchに行った結果であるということなので、42mmではプラスαがあるのでしょう。
こんな検証も見つけましたよ。

Apple Watch 42mmのバッテリー容量が246mAhと判明〜38mmより20%の増量

上記記事でも言及されていますが、バッテリー容量が20%増量されているからと言って、使用時間が20%長くなるわけではないでしょう。しかし、この差は結構大きいような気がしませんか?

と、とりとめもなくApple Watchのバッテリーに関しての情報と私なりの所感を書いてみました。まぁ、まだまだ数日使っただけでの所感ですから、あまり参考になるものではありませんが。

Apple Watchを使ってるみなさんは、どんな感じで充電をされてるのでしょうね。

でわー。

via PressSync

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク