iMacの不調のキーボードの代替に購入したAnkerのキーボード

iMacのキーボードが不調でおりました@imuzioです。キーボードがどんな調子だったかってのは前回のコチラの記事をご覧いただいて。さて、「おりました」と過去形なのは、ひとまず結果を出したからなのです。それでは、今回手に入れたものご紹介しときましょうか。

スポンサーリンク

買ったもの

今回は、新しいiMacに心揺れながらも、Bluetoothのキーボードを購入することにしました。購入したのはこちら。

Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード

Amazon.co.jp: Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード iOS/Android/Mac/Windows に対応 ホワイト: パソコン・周辺機器

それでは早速、いつもの通りに見てみましょうかね。

開封

届いたAmazonのダンボールを開けると中から出てきたのはすべすべの綺麗な化粧カバー。おしゃれな感じ。

すべすべカバーを外してケースを開けてみるとこんな感じでした。まぁ、こんなもんですよね。

  

中に入っていたのは、これだけ!

WelcomeGuideに載っているのは、パッケージ内容・製品の仕様・各部の説明・OS別ショートカットキー・ペアリングの方法・省電力モード・充電方法など。

Macのキーボードと並べてみました。サイズはほぼ同じくらい。キーの位置が違うのは、JISとUSの違いですね。

  

裏面には電池ボックス。ちょっとちゃっちいですか?


WelcomeGuideから一部引用しますね。

重さ:190g
接続範囲:最大10m
連続作業時間:360時間
キーの使用可能回数:約500万回
対応OS:iOS,Android,Mac,Windows

キーの使用回数には驚きますが、普通そんなもんなんですかね。今回の決め手にしたのは、対応OS。iPhoneやAndroidタブレットでも使えるのは、結構いいかもと思っています。

終わりに

実はまだ、使ってないので使用感までは書けません。ひとまずは、買ったよーってことで。今回買ったのは、モデル的には一つ前の世代。最新のはこちらですね。

Anker ウルトラスリム Bluetooth 3.0 ワイヤレスキーボード

一つ前のモデルでも十分使えるかなと思ったのと、Amazonでの値引きもあったのとで選択しました。次にMacを買い替えるまではこいつをパチパチ叩いていきましょうかねっと。
ではー。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク