廉価版のKindle来ました!開封の儀

新しいKindleを注文しておりました@imuzioです。注文の辺りについては、前回のエントリーを、ご覧いただけたらと思います。

Kindle未経験者の私がKindleの注文をしてみました

キッチリと発売当日に到着したKindle。少し遅くなってしまいましたが、開封の儀といってみましょう。

スポンサーリンク

梱包

Amazonオリジナルの製品。Amazonといえば、以前はよく過剰包装が話題になっておりましたね。オリジナルの製品なら、何か梱包にも工夫があるのでしょうか?

と、思ったら案外と普通な感じでしたね。シュリンク包装は定番ですね。

開封

早速箱を開けていきます。まずは箱外観。

箱の外側にはカバー付き。黒一色のラインナップのはずですが、右上の本体カラーのシールは必要あるのでしょうか?それとも今後…。

側面にはKindleのロゴです。

カバーはスライドして外します。お馴染みのAmazonのロゴが出てきました。

すべすべの箱。It’s simple。

さてどこから開けるのかと思ったら、裏面に開封テープがありました。

表に回してご開帳。早速、電源を入れる方法が表示されていますね。

箱の中身はこれだけ。本体、充電用USBケーブル、取説等。こちらもシンプル。

本体下部には電源ボタンとUSBの接続部。厚さもお分かりいただけるでしょう。

その後、諸々WiFi設定などをすれば直ぐに使えるようになりますよ。

おわりに

いかがでしょう。私が購入したのは、paperwhiteではない方のKindle。他の方の今までのKindlepaperwhiteの開封の儀と、さほど変わることは無いようなのですが、お届けしてみました。

Kindle関連のエントリーは、これからも機会あれば行っていきたいと思います。

それではっ。

Posted from するぷろ for iOS.

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク