iOS7から使えるようになった通信量を抑える方法を試しています。

先日我が家にiPhoneが増えてなんだか嬉しい?@imuzioです。今までは妻がガラケーを使用していたのですが、いよいよスマホを持ちたいと。でも、外では、メールと電話ぐらいなんて言ってるのです。

家では当然のことながらWi-Fiを使うので通信量の事を気にする必要ありません。外では前述の通りですから、もし本当にそうならばフラットの契約するのは流石にもったいないわけですね。そんな感じですから、ここは人柱ヨロシク、フラットなしのパケットサービスを選択してみました。

スポンサーリンク

設定

iOS7ではアプリ毎にモバイルデータ通信の利用をON/OFF出来るようになりました。今回はMMSの利用も考慮して、ココをONにしました。

その他の設定は、軒並みOFFに。アプリ毎の設定は、全てOFF。[一般]-[アプリのバックグラウンド更新]をOFF。[プライバシー]-[位置情報サービス]をOFFに。[メール/連絡先/カレンダー]-[データの取得方法]はOFF。[Safari]-[リーディングリスト]-[モバイルデータ通信]をOFF。

フラットなしの2段階制パケットサービスを選択した場合のポイントになるのがこれらの設定。設定アプリの隅から隅までモバイルデータ通信に関わりそうなところをチェックしていったのでした。

それでは、数日間経過した状態をご覧ください。

通信量データ

iPhone使用開始直後が、このような状態かでした。

そして、約一週間後の状態がこちら。

と、いうことで約0.3MBの増加です。この間には意図的にモバイルデータ通信を使用するようなことはほぼ無しだったはずです。まだ、メールの設定などもしてない状態でしたので。

以下はシステムサービスの中身を公開。左が使用開始時、右が一週間後です。

まだ、設定をOFFにすべきところがあるのか?もうこれ以上ないのかは、はっきりわからないのですけれども。

これから気をつけること

  • 定期的にモバイルデータ通信量をチェック
  • 新しいアプリを入れた時にはモバイルデータ通信をOFFに
  • 位置情報サービスも要確認
  • 画像付きMMSの受信

この運用を続けていくのであれば、この辺りのことを注意しなくてはなりませんね。

終わりに

今回は家族のiPhone購入に合わせて、パケット通信をフラットなしで契約しました。特に娘のiPhoneは、学校に持って行くでもなく、平日はほぼ家での使用。休みの日も、外でネットなどへの接続はまだしない感じでしたので、まぁ2段階でも何とかなるのでは?という結論の元に契約をしたのでした。

今回のモバイルデータ通信の制限をかけることが、良いか悪いかは全てどのようなiPhoneの運用をするかというところに掛かってくるのでしょう。アプリ毎の設定でモバイルデータ通信のOFFが出来るようになったとはいえ、どれだけの実際の使用量になるかは、その環境に大きく左右されることと思います。今回の妻と娘の場合、当面の間はライトユーザーになるでしょうから、上手く運用できればいいかなぁと考えています。まずは1ヶ月の通信量がどうなるかというところですね。

この辺りは、またレポしてみたいと思います。

でわでわ。

Posted from するぷろ for iOS.

スポンサーリンク