チャレンジタブレットをやっとこ開封して設定したよ

すいません、すいません。ずっと設定せずに放置してましたごめんなさい。先ずは娘への謝罪からの@imuzioです。結構前に、届いていたチャレンジタブレット。「チャレンジタブレットって何?」って方はコチラ↓
チャレンジ タブレットトップ|進研ゼミ中学講座|ベネッセコーポレーション

進研ゼミ中学講座の補助教材。ようやく設定終了しました。どうも仕事終わって家に帰ると億劫になってしまっていて手付かずになっていました。ごめんなさい。

謝罪はこの程度にして、どんなものなのかを初期設定と併せてちょっとご紹介してみましょう。

スポンサーリンク

開封

このような形でパッケージされています。配送中の破損についての配慮がなされています、か?微妙です。

進研ゼミにはつきものの小冊子がたくさん。Appleとは大違いですねぇ。

箱の中身はこれら小冊子と、本体、充電器、スタンド、タッチペン(本体に収納)というところ。スッキリしてますか?

設定へ

さて設定、といきたいところですが何やら大きく書いてあります。

Challenge Tabletを充電しよう

言う通りに、10分間充電しますか。

さてさて、充電したあとはいよいよ設定です。Challenge Tabletには親モード、子モードの切り替えが出来るようになっています。各種設定については親モードで行います。画面左上の設定アイコンからスタートです。

取説を見ながら行えば、ものの10分から15分程度で設定は行えます。モチロン後から変更することも可能なので、あまり気難しく考えずに設定した方がいいでしょう。ややこしいのは無線LANの設定ぐらいなのではないでしょうか。

外観

前面から。邪魔にならないコンパクトサイズです。

スタンドをつけて立たせてみたところ。上下は回転するので、逆さにして緩い傾斜で置くこともできます。この辺はiPadのスタンドでも出来ること。

背面から。ど真ん中にはカメラがあります。

スペック紹介

進研ゼミの中学講座のページから引用します。

CPU:Freescale semiconductor (ARM CortexTM A8 1.0GHz)
メモリ:RAM 1GB, ROM 4GB(ユーザ領域2GB)
OS:AndroidTM 2.3
液晶サイズ:7インチ(1024*600ドット)
無線LAN:IEEE802.11 b/g
主な機能:microSDスロット(SDHC対応),カメラ(200万画素)
本体サイズ:縦136.7mm×横199.2mm
重量:約430g
※「Android」は、Google Inc.の商標です。

200万画素のカメラはちょっと残念かもしれませんが、使い方によりますかね。

ひとまず疑問に思ったこと

設定しながらちょっと疑問に思ったことを調べてみました。

  • 壊れちゃったらどうしたらいい?
  • チャレンジタブレット取り扱い説明書 第5章
    タ、タッチペン⁉︎

    自己の責任で破損等させてしまった場合には有償対応になってしまうようです。これは気をつけなくてはいけませんね。

  • バックアップは取れるの?
  • 学習履歴データのバックアップ方法を知りたいのですが。 | 進研ゼミ中学講座プラスアイ よくあるご質問

    〈Challenge Tablet〉の写真データをPCに保存(バックアップ)したい | 進研ゼミ中学講座プラスアイ よくあるご質問

    コチラを見る限りでは、サクッと全体のバックアップを取るようなことはできないようです。どのような使い方をするかでバックアップの取り方も変わってきますね。コリャちょっと大変かも…。

    娘に渡してみたところ

    まずはカレンダーに学習の予定を作っていました。今まではカレンダーに教科のシールを貼っていましたが、これからはタブレットでチェックしていく様子。取り敢えずは進研ゼミから提供されているアプリやサービスで慣れていくようです。ウチの娘は、今のところあまりIT関連には興味ない感じ。でも、このタブレットを機に、ガラッと変わるかもしれないとも思うが、さてさて。

    ちょっと楽しみです。

    おわりに

    そんなことで何とか新年度には間に合った?Challenge Tablet。娘がこれからどんな使い方をするのか楽しみ半分心配半分というのが私の気持ち。ウチの娘は、今まではイロイロと聞いたりしてくれてたけど、だんだんお父さんから離れ始めていくお年頃。ムツカシー。

    「わからないとこあったら、聞いてね」

    なんて言っといたけど、お父さんにとってもAndroid OSは初物なので、レスポンスをこれからは早くしてかなきゃです。

    と、イロイロと対応を考えとかなきゃなんて思いもしますが、取り敢えずトラブルなく使ってもらいたいなぁと願うばかりなのです。

    ではでは。

    Posted from するぷろ for iOS.

    スポンサーリンク

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする