エイプリルフールだけじゃない!大人運賃への境目は今日4月1日!!

この4月より中学生になる娘のいるお父さんの@imuzioです。消費税も本日から3%アップして8%になるわけですが、我が家には同じくこの4月から100%プラスされてしまうものが、あります。それは交通費。今まで小児運賃だったのが、大人運賃になることで、一気に倍ですからねぇ。

さてさて、ところでその大人運賃に変わる日はいつなのか?意外と調べてみないとわからなかったりしますので、私の比較的よく使う交通機関の場合を調べてみました。どんなものか、ちょっとご紹介しましょう。

スポンサーリンク

小児運賃を調べてみた

今回調べたのは、以下の4路線、バス。

  • 横浜市交通局
  • 神奈川中央交通
  • JR東日本
  • 東急

ひとつずつ引用してみますので、参考にしていただけたらと思います。

  • 横浜市交通局

    ※小児:1歳以上12歳未満(おおむね小学生以下)

    横浜市交通局 バス運賃より

  • 神奈川中央交通

    小学生以下の方

    運賃について | 運賃・各種割引乗車券/制度について | 路線バス | バス情報 | 利用者の皆さまへ | 神奈川中央交通より

  • JR東日本

    小児 6歳以上12歳未満の者

    JR東日本:旅客営業規則より

  • 東急

    6歳〜11歳

    運賃について|運賃・乗車券|東急電鉄より

  • といった具合におおむね12歳未満ってことですが、小学生なら小児運賃とのこと。まぁ、この辺はわかってましたけども。知りたいのはその境目。

    よく見てみると、東急電鉄のページには但し書きがありました。

    ※小学校に入学される6歳のお客さまは、4月1日より区分が「小児」となります。
    ※小学校を卒業された12歳のお客さまは、4月1日より区分が「大人」となります。

    とのことで、どうやら小児も大人も今日4月1日を境目としておくのが良さそうです。

    (参考)
    学齢 – Wikipedia

    おわりに

    子供が小学生に上がる時にもちょっと調べたり、よくよく思い出してみれば自分の時だって、このルールに従っていましたっけね。子供が小学生や中学生になると運賃に限らず、その他のものもイロイロとかかる費用が変わります。テーマパークや映画館、食べ放題のお店なんかもそうですね。

    消費税のUPもありますが、今までよりも費用がかさむ部分も多くなりますので、その辺り考慮していかなくてはなりません。うーん、捻出捻出。

    ※4月1日ですが、エイプリルフールではありません。

    でわでわー

    Posted from するぷろ for iOS.

    スポンサーリンク

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする