激安のLightningケーブルと30ピンコネクタを購入してみた

以前買ったライトニングケーブルは快適に利用できております@imuzioです。先ずは経過報告から。購入時のレビューはコチラ。

【iOS7もOK】LightningケーブルのスペアにロジテックのLightning – USBケーブルを買ってみたよ

やはりというか、Lightningケーブル2本では家と会社に置くだけで、移動時にどちらかを外さなきゃいけないのが煩わしくなっていました。使用には全く支障は無いのですが。可能な限りコネクタ部分をいじらないのが故障防止かとも思います。

そんなわけで、今回はもういっちょ購入してみましたので、その辺りを書いてみましょうか。

スポンサーリンク

今回買ったもの

今回は激安ノーブランドを見つけて購入。非安心の外国製のようですが、さてさて。

今回買ったのは2種類。一つはLightningケーブル。

もうひとつは30ピンをライトニングに変換するコネクタ。

意外とこのパッケージされてる袋がしっかりしてて別用途に使えそうなビンボー根性ですが( ゚Д゚)ナニカ?

使えるのか?

早速、MacにUSB接続してみました。すると案の定、例のメッセージは出てました。しかしながら、iTunesの表示はこんな感じで認識。その後の同期も問題なく終了しました。

30ピンのコネクタ。以前からiPhone、iPadを使っているので30ピンのUSBケーブルが数本余ってしまっています。家の古いiPadは外に持ち出すことが無いので、家には30ピン1本あれば十分であり、どうせなら他のケーブルはLightning化してしまおうと。ひとまず、100均で買ったケーブルに接続してみました。

白黒なのがちょっとアレですが、こちらも無事に認識してましたよ。

まとめ

全体的には、ほぼ問題なし。「ほぼ」ということの一つは、iPhone側の接続部分が若干キツイものが中にあったこと。接続できないわけでもないので、まぁ個体差でもあるのでしょうが。

もう一つは認証を受けているものでは無いので、今後のiOSのアップデートなどで認識しなくなる恐れがあること。この部分においては、誰も予測ができません。そのリスクを背負って使っているという認識は必要ですね。

てなわけで、ひとまずはストレス?なく使える環境(というほどでもない)になりました。あとは耐久力でしょうか。安価で購入したものなので、どのくらい使えるのか、また壊れちゃったよ、なんてことがあれば記事にしたいと思ってます。

ではっ。

Posted from するぷろ for iOS.

スポンサーリンク

コメント