フリック入力中にコントロールセンターを表示させるかさせないか

iPhone大好き@imuzioです。iPhoneなどのスマホが出始めたころは、フリック入力に否定的な意見も多かったと思いますが、まぁ今となっては結構な市民権は得たのではないでしょうかね。(インプット業界?において)。キーボードのローマ字入力と比べてみたら、ひょっとするとフリックの方が速そうです(自分調べ)。

さてさて、今回はそんなフリック入力とコントロールセンターとの関係についての考察?です。そんではいってみましょ。

スポンサーリンク

【コントロールセンターとは】

コントロールセンターをiPhoneユーザーガイドで調べてみますと、こんな記述。

コントロールセンターを使用すると、カメラ、フラッシュライト、AirDrop(iPhone 5 以降)、AirPlay、タイマー、オーディオ再生コントロールなど、多くの便利な機能に瞬時にアクセスできます。

このコントロールセンターですが、皆さんはどのような設定をしていますか?文字入力中にコントロールセンターを表示しようとしてこんな感じになったりしませんか?

イラ〜ッとしますね。イラ〜ッと。

今回はそれを防ぐ方法を2つご紹介します。

方法1 設定を変更する

おそらく、もうこの設定にされている方がほとんどなのかと思いますが、念のため。

設定アプリからコントロールセンターの表示方法の設定ができますね。他のブログさんでもたくさん記事が挙がっています。

[iOS 7] アプリ内の操作でコントロールセンターを起動させない方法 | Rondo

Control Center(コントロールセンター)をアプリ起動中やロック画面で表示しないようにする方法 | gori.me

一番手っ取り早いのは、この方法ですね。記事内でも説明されている通り、フリック入力中以外にもパズドラとかパズドラとかみたいにゲームアプリ起動中にイラ〜ッとすることもなくなりますものね。

コントロールセンターはマルチタスキング画面でも表示できるので、アプリ起動中でも、それほど手間なく表示させることができますからね。

方法2 ランドスケープモード(横置き)にする

アプリ起動中も表示させたい方には、こちらの方法はいかがでしょう。ポートレートモード(縦画面)では都合が悪くとも、ランドスケープモードであれば、フリック入力中の問題は解決できますね。

このように、キーボードが右、選択候補が左に分割されるので、画面の下からスワイプもし易くなります。但し、ランドスケープモードに対応しているアプリしか使えない方法では、ありますが…。

終わりに

iOS7でコントロールセンターが使えるようになり、良く使いそうな設定系の機能が手軽に利用できるようになりました。今回ご紹介した方法を自分の利用法に合わせて使ってみるとより快適なiPhoneライフを送れるのではないでしょうか。

この手のスキマを見つけるのが大好きな@imuzioでした。

でわでわ。

スポンサーリンク