PayPalからのメールを受取ったけれど、やっぱり…コレは

ここ最近になって迷惑メールの量が増えてきている気がしてる@imuzioです。皆さんはいかがでしょうか?明らかにスパムメールと分かれば華麗にスルーというところですが、自分が使っていたり、登録した覚えのあるサービスがタイトルや送信者にあると、流石に手が止まります。今回来たメールもPayPalという決済サービスを偽装したもののようです。どんなものだったか、共有しておこうと思います。ご覧ください。

スポンサーリンク

内容

まず今回、メールが怪しいと思った一つの点。それは2件続けて送信されているところ。しかも、内容がほぼ同じで、訂正メールなどではないところでした。

とりあえず何となく内容を見てみると、ちょっと自分には関係ない感じ。新しくメールアドレスを登録しようとなどしてないし。でも、まさか不正アクセス??

Google先生に聞きながら、内容を訳してみると、

あなたは、PayPalアカウントに新しいメールアドレスを追加しましたが、まだ完了していません。このアドレスを確認するためには、もうちょっとかかります。

一度あなたがそれを確認すると、友人や家族からの支払いを受け取るために、このメールアドレスを使用することができます。プラス、あなたはそれをすべてのあなたのPayPalビジネスのためのあなたのプライマリアドレスにすることができます。

といったところ。やはり覚えがないですが…。

ここまでで、まぁ偽装メールだというのは、ほぼほぼ間違いなしですが、念のため確認しました。まず、このリンク先がPayPalのサイトに繋がるのか。そのままタップしてしまうと、フィッシング詐欺に逢ってしまうかもしれないので、リンクを長押ししてみます。

やっぱり、PayPalとは何の関係もないURLが表示されました。調べてみると、全てのリンク先のアドレスが同じです。凝ったことにメール毎に別サイトで。

そして、もう一つ。メールの送信者を確認。こちらも表示名でそれっぽくして、実際のアドレスは……ね。

終わりに

今回、まずオカシイと思った理由は、私がここ最近全くPayPalを使っていなかったから。当然メールアドレスを新しく登録しようとなどしてませんから。しかしながら、PayPalを普段から利用している方は、「ひょっとして」ってこともあるかもしれませんね。そんな時にこのようなメールを見たら、自分の設定ミスなどを疑ってしまうかも知れません。気をつけなくては。

どんどんと、巧妙になってくるフィッシング詐欺。前にPayPal偽装のメールが来た時は、確か腕時計かなんかを買ったことになってたっけ。ご覧になった方は、このようなメールが来たら、よく確認してくださいね。

オマケ

まぁ中学生レベルの英語力だと自負している私ですから、Google先生頼りに翻訳してみたわけですが、今回初めてキチンと知った単語。

confirm → 確認すること

コレをちょっと加工すると、

con firm → 詐欺会社

メールの件名からして、実はアピールしてたとさ

ではっ。

Posted from するぷろ for iOS.

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク