海底○万マイル⁉の世界をリアル体験できる@勝浦海中公園をちょっと紹介!

お盆休み中の@imuzioです。だいたい夏の休みは妻の実家に帰省してます。でも、子供が大きくなったらどうなるかなぁって最近思い始めてるんですけどね。

まあ、その辺はさておき。今まで存在自体はよく知っていたのだけれど訪れたことはなかったのが、今日ご紹介するところ。どんなところだったか、ちょっとレポってみますね。それでは、START!!

スポンサーリンク

勝浦海中公園って?

場所は千葉県勝浦市。当たり前ですが、海沿いに位置します。電車の場合でも、最寄り駅から歩けないこともない距離ですよ。詳しくはHPでチェック!

かつうら海中公園へようこそ

さてさて、こちらの勝浦海中公園。南房総国定公園とのこと。全く知りませんでしたね。

そもそも国定公園って何さ?

国定公園 – Wikipedia

南房総国定公園 – Wikipedia

ふむふむ。

いってみよう

では、まずは観覧券売り場へ。迷うことはないでしょう。

ここ重要。観覧券売り場に本日の透視度の目安がありました。まさかの0mとかだと、やっぱアレですもんね。

ココで注意しておきたいコトがありまーす。

  • 展望塔にはエレベーターがありません。車椅子などでは下におりていけません。
  • 更に下に降りるのは螺旋階段です(96段!)。というコトは、当然上りも同じだけの階段ですので注意!

観覧券を購入しましたら、そのまま展望塔へ向かいます。海の先を目指して進みます。


途中トンネルを抜けて

リアス式の海岸線を見ながら

付近の海の水の色は綺麗に澄んで。

前方の白い建物が展望塔です。観覧券売り場から徒歩5分くらいです。

展望塔の中に入ると予告通りの下り階段です。グルグル回りますよー。

さて、階段を降り切るとそこは海の底の世界。海底○0000マイルには程遠いけど、水深8mの世界が広がっています。

こんな感じの海の中が体験できます。周りにはお魚たちがいっぱいですよ。


そんなわけで、ぐるっと回ったら登りましょうか。また螺旋階段が待っています。でも、安心して!上りは何度か休憩できるソファあります。

上り切ったところは展望フロアになっています。太平洋を思いっきり見るコトができますよー。

勝浦海中公園のメインとなる展望塔、いかがですか?海底に降りた所がどんな感じなのかは、是非みなさんも行かれて体験してみて下さい。

ちなみに、この公園には売店、レストランが併設してます。

またこのような資料館や博物館も。

まとめ

夏の砂浜で海水浴もいいですが、太平洋を望んでのこんな海底散策?もまた宜しいのではないでしょうか?また、お魚好きなお子さんには、この夏の自由研究の題材に使えそうな場所だなーって思います。

夏でも冬でも楽しめそうな、この海中公園。お近くに来たならば、一度は訪れてみても良さそうですよ~。

でわでわっ。

このエントリーはするぷろ for iOSを利用しました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク