Macのキーボードが一文字だけ反応しなくなった時の対処

先日の休みは家で天ぷら揚げてました@imuzioです。さてさて、冒頭のご挨拶と本文は何も関係がございませんよ、と。

先日発覚したのがこちらの事故。事故??

なにが、どうなったかと言いますと、家のAppleキーボードのtabキーが突然反応しなくなりました。

キーボードビューアでCHECKしてみても、全く無反応

キーボードビューア
キーボードビューア Photo by imuzio

キートップを外して直接押してみても無反応でした。

2013/06/25
2013/06/25 Photo by imuzio

で、何かこの状況を打破できる方法はないかと、いろいろと先生に聞いてみましたところ、いつも通り解を導きだしてくれるんですね。

今回はフリーソフトを使ってKEYの割当てを変更するという方法。
Google先生に教えてもらった記事はコチラ

テンキー付きApple KeyboardのF16キーにtabを割り当てる方法 | Fum’style

そこで、記事中で紹介されていたKeyRemap4MacBookというソフトをインストールしました。

KeyRemap4MacBook_Menu
KeyRemap4MacBook_Menu Photo by imuzio

これはこれはキーの割り付けを自分好みにできそうな、そんな項目数。

が、今回私の設定したかったCapsLockはコレでは設定できず...。

が、が、同じ開発元のページにCapsLockの割当変更ができるソフトがありました!それはコチラ↓

PCKeyboardHack – OS X用のソフトウェア
caps lockはコチラを

でこちらも似た画面の感じです。

PCKeyboardHack_Menu
PCKeyboardHack_Menu Photo by imuzio

が、が、が、ところがcapslockの方ではtabにキー割り当てを変更するコトができず。

帯に短し襷に長し

ってことで、セカンドエフォートのshift_Rの割り当てを変更することに。基本的にShiftキーは左でしか押さないので、今までのtabキーのような使い方はできないと思いますが、マウスでカーソルを合わせてクリックするよりかは機能性あるのではないかと考えますがどうでしょうかねぇ。

KeyRemap4MacBook_tab
KeyRemap4MacBook_tab Photo by imuzio

さて、どうだー!

Appleキーボード_tab変更後
Appleキーボード_tab変更後 Photo by imuzio

無事に反応、これにて一件落着。

といきたいところですが、まぁコレは応急処置ってことで。あまり長い間この状態で使っていて変更したtab移動に慣れてしまうと、元に戻れなくなってはいけませんから。実際は修理するか買い換えるかしないといけませんね。

そんなわけで、iPadにも使える切り替え式のBluetoothキーボードでも探してみたいなぁと考えるのでした。

でわでわ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント