遅ればせながら、地元ヨコハマのカップヌードルミュージアムにいって来たのでご紹介してみましょう

チケット購入列
チケット購入列 Photo by imuzio

GW前半戦、なんとか滑り込みでお出かけ出来ました@imuzioです。バタバタしながらなんとか決めたお出かけ予定。早速どんなところだったか。サラッとご紹介してみましょう。

IMG_5308
IMG_5308 Photo by imuzio

場所はみなとみらい地区。地元ヨコハマなので、早目に家をでて、開館時間の30分前到着。当然の行列。入口を横目に見ながら、並びました。

IMG_5299
IMG_5299 Photo by imuzio

もうちょっと

行列並び始めから入場までは約45分。GWの行列としては良い方でしょうか。

入館料は大人¥500。高校生以下は無料!

この辺は財布に優しい。

入場チケット
入場チケット Photo by imuzio

こんな入場チケットです。今思うと、このチケットの画像を撮って、iPhoneでタッチして入場してみたら良かったななんて。

入館後、早速目玉のひとつのカップヌードルファクトリーの整理券をGETしに3階へ。

取れたのは12:30〜の回。

IMG_5316
IMG_5316 Photo by imuzio

さらさら~っと2階で14分間の映画など見つつ(←コレ結構わかりやすくて面白い)、中途半端な時間だったけど、お昼ごはんを食べに外へ。チケットさえあれば途中での出入り自由なのもいいところ(因みにこの日は合計3回ぐらい出入りしました)。

IMG_5321
IMG_5321 Photo by imuzio

そしてお昼。近くの岸壁?でお昼ご飯となりました。しばし休憩。

IMG_5296
IMG_5296 Photo by imuzio

mgmg

そして、午後。お目当ての3F カップヌードルファクトリーへ。

IMG_5305
IMG_5305 Photo by imuzio

先ずは¥300でCUPを自販機で購入。空のCUPを¥300で買うのはなんだか複雑w。

IMG_5306
IMG_5306 Photo by imuzio

その後、テーブルについてCUPにお絵描きをカキカキ。

終わったら、CUPの中身をいれてもらいに行きましょう。

CUPを渡すと、先ずはカップの中を清潔にして、その後機械にセット。次にはお客さんが作業をします。そのあと、好みのスープを1種類、具材を4種類選んでパッケージしてもらいます。

以下の動画をご覧ください。

逆転の発想をご覧あれ

あ、ちなみにカップヌードルファクトリーは12:30でこの日の分の整理券配布が終了とのコトでした。というコトは、少なくとも午前中に中に入れるように来ないと、MyCUPNOODLE作りは出来ないかも知れませんね。

IMG_5337
IMG_5337 Photo by imuzio

そんなこんなで、出来上がり。最後はこんな感じでパッケージングしてお持ち帰りです。

IMG_5322
IMG_5322 Photo by imuzio

IMG_5324
IMG_5324 Photo by imuzio

IMG_5329
IMG_5329 Photo by imuzio

他にも、百福さんがどんな所でカップヌードルを発明していたかとか、カップヌードルの歴史などを学べるコーナーもあり、と飽きない場所です。

IMG_5311
IMG_5311 Photo by imuzio

まさかの子供晒し

IMG_5330
IMG_5330 Photo by imuzio

IMG_5331
IMG_5331 Photo by imuzio

視点を変える

最後は、子供が遊べるカップヌードルパークへ。

ここはカップヌードルの製造工程を再現した遊び場所。下の子は大汗かいて遊びに没頭。楽しかったみたいでした。

IMG_5303
IMG_5303 Photo by imuzio

事前に配布されてた注意書き

そんなこんなでグルッと回って3時前。良いGWの一日となったのでした。決して子供だけでなく、大人も楽しめる所。興味を持った方は是非一度行ってみて良いのではないでしょうか。

今度は予約してチキンラーメン作ってみたいなぁ。

!!! CUPNOODLES MUSEUM

Posted from するぷろ for iPhone.

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント