今更ながらiPhone3Gを復元してみた

まぁ時々変な動きをするし、最近ではちょっと使っただけでエラいメモリを食うようになって、通勤中などもなんだか「待ち」の時間が長くなってきているような気がしています。

そんな訳で、実は今までやったことなかったiPhoneの復元に初めて挑戦しました。


今回行った手順を備忘がてら記録しておきます。


1.まずはiTunesでバックアップ



デバイスから当該iPhoneを選択して右クリック。リストから「バックアップ」を選択。


iTunesがバックアップを始めます。


参考までにバックアップファイルの場所の確認にはコチラの記事を参考に



徒然 – iPhone日記(23)/ iPhone バックアップ保存場所 (Windows & Mac).


確かに作成されていました

2.復元を行う



続いて復元のボタンを押してみます。



すると下のような画面。ビビりますね。





ま、やめるならキャンセルですが誤操作で押してしまった場合以外は迷わず「復元」ですね。


で、まずはこんなメッセージが表示されます。





で、そのあとはこんな。




復元に確認に忙しい様子。


ちなみにこの間のiPhoneの表示はiOSアップデートの時でお馴染みのアップルマークの下にインジケーターバー表示です。


無事終了するとiPhoneが再起動します。

スポンサーリンク

3.バックアップから復元する



再起動後、iTunesがiPhoneをデバイスとして認識すると下の画面が出ます。





で、「続ける」ボタンを押すと、





いきなり復元が始まって計算してくれています。この辺はもうちょっとデリケートに進めて欲しいところかも。


で、この時間。最初に表示された時間から徐々に増えてみたり急に減ってみたりでちょっと怪しいです。


このときのiPhoneの表示は「復元の実行中」

4.復元終了



で、私の場合はほぼ予定時間で終了しました。


その後、再起動。ドキドキ。


で、同期が始まりますw。同期の手順は普段と同じ手順。ですが空のiPhoneにすべて入れていく作業ですので半端なく時間がかかりました。参考までに私の場合は約90分。


長いんだか短いんだかよく分かりませんが。


さてさて、目論みどおり上手くいったのでしょうか。その辺はまた今度。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. charlie432 より:

    参考にしていただき、ありがとうございます!

    といっても、私は他のサイトのをただコピペしただけなんですけど(^_^;
    twitterのRTみたいですね。

    復元、無事に行ってよかったですね。
    一歩間違えると、それまでのデータが全部消えてしまうので、怖い作業です。
    そして、時間がかかるので、余裕があるときに慎重にやらねば、と思います。