SPDという仕事

これまでのBlogで話題にした業務委託。私の仕事もその中のひとつです。

それは「SPD」

SPDとは、Supply Processing &Distributionという言葉の頭文字をとったもの。日本語では、病院内の物流管理と訳されてます。「病院内の物流管理」といっても、イメージしづらいと思いますが…。

病院では、毎日たくさんの物が使われています。とりわけSPDの話の中では、主に医療材料がとりあげられます。ひとくちに医療材料といっても、たーくさんの種類がありまして、日本国内で50万とか60万とか言われてます。ペースメーカーのような高〜い物からガーゼや注射針のような比較的安い物、3メートルもあるカテーテルから目に見えないほど細い縫合糸など、ほんといろいろなものを扱うところです。
いま、私のいる病院でもたくさんの物品が取り扱われています。1年のうちに取り扱う量は、ざっと見積もっても1万点ぐらいあるでしょうか。

これらのたくさんの物品の管理はどのように行われているのか。どのような方法で管理されているかは、またの機会に書きたいと思います。

ではー。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク