普通じゃ撮れないiPhoneスクリーンショットを撮るには

今回も誰も興味を持たないところを攻めます@imuzioです。普段iPhoneを使ってスクリーンショットを撮るときは、当然の事ながら、電源ボタンとホームボタンの同時押しですよね。

ところがところが、撮りたいのにどうしても普通じゃ撮れない場合、どうしましょう。 

スポンサーリンク

解決策はコレ

先に答えからいくと、 

AssistiveTouch

以前にもAssistiveTouchのコトは記事にしたことがあります。

AssistiveTouchを使ってiPhoneの死角を親指1本で!

ホームボタン問題を解決させる新機能”Assistive Touch”どこに置きますか⁉。

Assistive Touchの使い方・設定については、こちらのブログの記事が大変参考になります。

AssistiveTouch の最上位レベルのメニューをカスタマイズしてみる。 | Feelingplace
カスタマイズで超便利に!

[Å] AssistiveTouchの新機能「カスタマイズ」を使ってiPhoneでスクショを簡単に撮る方法 | あかめ女子のwebメモ

このAssistiveTouch、今回はスクショの機能に絞って書いていってみましょう。 

普通に撮れないってどんな場合があるのか

そんな機会ありませんでしょ?とお思いでしょう。ハイ、そうです。滅多にありません。そんなにあるとは思いませんが、幾つか考えてみました。 

指の配置上、どうしても同時押しができない。同時押しが下手

大きな音を出せない環境の場合なんかは、スピーカー部も押さえなければならなくて、ちょっとムズカシイ指の配置になりますよね。撮ろうとしたら、電源ボタンの方を早く押してしまって画面OFFなんてこと、私はしょっちゅうです。そんな時にはAssistiveTouch。これを使えば、スピーカーをしっかり押さえたままタップするだけですから、失敗知らずになりますよ。 

ホームボタンを押し込むことのできない画面

そんな画面あるの?とお思いの方も多いはず。私もつい先日まで全く気づいていませんでした。ホームボタンを押せないのはTouchIDの登録画面。指紋の登録中の画面は、ホームボタンを押し込むと終了しようとしてしまいます。そんな時にはAssistiveTouch。これなら、サクッと指紋登録中をスクショできます。指紋登録中のスクショが見れる記事はコチラです。

TouchIDの反応が悪くなったと思ったらすること

ホームボタンの調子が悪くなってきた

ここ数代前のiPhoneからは聞くことが減りましたが、ホームボタンの酷使により、押しても反応しなかったりということが以前のiPhoneには発生していましたね。聞かなくなったとはいえ、使っていればいつかは壊れることになります。調子が悪くなってきたり、なる前の予防に、AssistiveTouch

慣れてしまえば快適に使えるAssistiveTouch。使ったことのない方は一度試してみても良いのではないでしょうか。

おわりに

このエントリーを書くにあたってのキッカケになったのが、先ほども引用したTouchIDの反応が悪くなったと思ったらすることの記事。この中で、指紋認証の再登録のスクショを撮ろうとしたところ、ホームボタンを押し込むとメッセージが出てしまう事態に。「こりゃ困った」と頭をひねったら出てきたのがAssistiveTouch。試してみたら見事成功となり、AssistiveTouchを見直す記事を書こうとなりました。本記事を書くにあたって、イロイロとAssistiveTouch周りを見ていると、あんな事に使えそう、とかニッチなところを見つけるのが@imuzio流。

またニッチな話題を提供するコトになりそうです。

では。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク